カテゴリー
日記

社会で生きづらさを感じる人は私の動画を見て欲しい

Youtube イメージ

F9です。師走も間近となったこの頃、胸の内に抱く感情はそれぞれでしょう。クリスマスや大晦日といったイベントを楽しみにする人がいれば、いつも通りの人、はたまたイベントを楽しむ人間を憎悪する人もいます。

ちなみに私はいつも通り過ごす人に当てはまります。コロナを蔓延させる事に繋がるので3密を作りかねないイベント開催には良い感情を抱いていませんが、特段イベントを楽しむ人間を憎みはしません。

さて、世間話はこの辺にして、本題に移ります。

社会で生きづらさを感じる人に私の動画を見て欲しい

私のYoutubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCjfTP0Xuav-kR_Ln-VgbGEw

と言われても私の事を知らない人からすれば「は?お前の動画なんて見たくねーよ」となるでしょう。そこで私の動画のチャームポイントを解説します。

まずオーバーリアクションのような胡散臭い演技が一切なく話す内容も殆どが本音です。私自身和気あいあいとした演技臭さや炎上系の狙ったような逆張り、変な事をワザとやるファッション基地外が嫌いなのでそういった要素は徹底的に排除しています。というかやる気もないですが。

また社会への恨み節を語る場面が度々ありますが、それを見て「こう思ってるのは自分だけではないんだ」と安心感を得る事も出来る・・・かもしれません。

私はイジメ被害者や動物虐待・イジメ反対者、社会での生きづらさを感じている人をターゲットとした動画を中心に作成しています。それ故に社会での生きづらさを感じない人や日々の日常がそれなりに充実している人が私の動画を見ても何も感じないどころか不快な気分になってしまうでしょう。

イジメ反対を訴える動画ではイジメ被害者に「イジメ反対の為にこんな活動をする人もいるんだ」と励みになれれば光栄ですし、そうでなくても「こんな奴でも生きてるんだから自殺するのもアホらしいな」もしくは「こうはなりたくないな、勉強(仕事)頑張るか」と思ってもらえるだけでも構いません。とはいっても視聴者を楽しませる為に演技をしている訳ではありませんが。ただ、結果として視聴者の方にどのような形でも需要があれば動画投稿した甲斐がありますよね。

「幸せそうな人」について

SNSでは友人や恋人とのツーショットをアップしたりパーティーなどのイベントに積極的に参加しているのをアピールする人種がいます。

ただ、それが本当に幸せな人間なのかは分かりません。幸せそうではありますが、「自分が幸せである」と周りにアピールするのは劣等感や自己肯定感の低さが根底にあり、「自分は”勝ち組”である」と言い聞かせないと精神崩壊してしまう”負け組”なのかもしれません。

こぞってタピオカを飲む女子学生もバンドワゴン効果に乗っ取られただけでタピオカ自体に魅力を感じている訳ではありません。ただ、「流行=価値がある」という等式に従っているに過ぎません。実際流行が過ぎたらタピオカを飲まない人が九分九厘を占めるでしょう。

大衆に同調する事に自分の存在意義を見出すような人達が果たして幸せなのかと問われれば、私はそう思わないですね。幸せアピールするような奴は個人的に見てて不快なので死んでほしいですが。

イジメや動物虐待が許せないのは本当

動物虐待やイジメ反対を訴える為に街宣活動をする動画をアップロードしていますが、動物虐待やイジメを無くしたいのは本当ですし街宣のみならずインターネット各地でネットイジメ・動物虐待撲滅活動やネット火消し業務に取り組んでいます。

私がやらなければならないという一種に強迫観念に囚われているのかもしれませんね。

陰湿なネットリンチを繰り返す馴れ合い厨、黒ムツを筆頭とした動物虐待愛好家達を潰す為に今後も戦い続けます。

カテゴリー
日記

Youtubeでの今後の活動について

Youtubeのロゴ

F9です。Youtube上にも動画を投稿させていただきましたが、今後の活動などについてブログ上に記したいと思います。

先月の今頃から、Youtube上で馴れ合い厨によるネットリンチ、黒ムツによる動物虐待に関する啓蒙活動、世直し活動を目的としたYoutubeチャンネルを開設し、現在のチャンネル登録者は480程度です。

基本的に私の動画は編集に力を入れる訳ではない(というか面倒)ので、投稿自体は楽でした。例えば音声を別撮りして、MP3ファイルを動画に組み込んだり、字幕やBGMを時々入れるなどその程度です。

動画投稿に出来る限りお金を掛けたくないので編集ソフトはAviUtlやinshotなどの無料動画編集ソフトを用いています。機材もアクションカメラや三脚、外部マイク位です。何れも趣味で動画撮って編集するくらいなら十分なレベルなので、今のところ妥協しています。

動画一斉削除について

先日、急に精神的に不安になり動画を1つ残して全て消してしまいました。動画を突然何のアナウンスもなしに個人的感情で消すと言うのは大変申し訳ないと思っています。

何故不安になったかと言いますと、私のブランドが穢れるのではないか、私のイメージが変わってしまうのではないか、という危惧が第一にあります。こんな事を書いても、大多数の方にはおそらく理解されないでしょう。

動画上で私に対して統合失調症患者であるというコメントが付けられる事が度々ありましたが、事実何も知らない人が動画を見ても「精神異常者が大声で叫んでいる」という印象を抱いてもおかしくはありません。それは私のブランドやイメージが穢れるので、許容できません。

統合失調症患者が集スト被害を訴える街宣をするというのは複数の事例がありますが、私はそれらの方達と同列扱いされたくなかったのです。私はそこまで壊れていません。集団ストーカーという妄想の産物について訴える街宣と、ネットリンチや動物虐待反対を訴える街宣を同列に扱う程度の低い人間にも辟易しています。

と書きましたが、私自身精神状態が少しばかり異常であるという自覚自体はあります。街宣以外にも自転車に乗ってトークする形式の動画を撮っていたのですが、発言内容も他の人に理解はされない、或いは異常であると認識される可能性があることは十分予測出来てました。尤もこれらの発言や行動が演技だったかと言われれば、そうではありません。私は良い意味での演技(社交辞令や愛想笑いなど一般的な意味で)はすれど、精神異常者やサイコパスなどの人格破綻者に見られたい願望はありませんのでそういった演技は一切しませんし、したくありません。

動画内では過激な発言や暴言が度々あったかと思いますが、これは思った事をそのまま発言したのみです。非常識だと指摘されてもそれはそうだと思います。反論の余地はありません。しかしそれとは別に私はインターネット上で位自分の主張をしたいと考えています。私はこれまで世の中から虐げられてきました。社会全体が私を虐げてきたのだから私が自分の思想や意見を発信するくらい無問題だし、むしろそれは正当化されるべき行為であると思います。

拙い考えだと自認していますが、人間は感情があります。感情は理性で抑える事は出来ますが、それには限界があります。歩きスマホや信号無視の車を見ると我慢する以上に文句を言いたくなってしまったり。抑えるのが大人ではないかと思うかもしれませんが、大人とは子供が大きくなっただけの存在です。それに普段から抑圧され虐げられてる私にこれ以上抑圧しろとは何様ですかと。犯罪にならない・迷惑にならない最低限のラインを守っているのだからお前らに指図される筋合いはないと、そう言いたいですね。

炎上系・迷惑系Youtuberの一種ではないのか

私は自分が炎上系・迷惑系Youtuberではないと思っていますし、むしろその類の動画投稿者については嫌悪感すら覚えます。

何が気に食わないか、第一に奴らは目立ったり小銭を稼ぐ為に異常者のフリをしたり他人に迷惑を掛けたりと悪意が見えてて物凄く気持ち悪いのです。思ってもいない癖に不謹慎発言をしたり知名度獲得の為に人気コンテンツに喧嘩を売ったり、幼稚なゴミ共そのものです。

最近だと「おこさまらんち」というYoutubeグループが道行く女性に「pornhubで見た人だ!」と叫ぶ動画を投稿したり、「コムドット」という別のYoutuber集団が深夜のコンビニ前で騒音を出しながらパーティをしたりと多くの迷惑・炎上系Youtuberが話題となっています。

https://www.cyzowoman.com/2021/09/post_358271_1.html

一人では何もできない人間が炎上目的におふざけ動画を投稿するというのが不快感を掻き立てます。だからと言ってこいつらの住所特定してネットリンチしていいのかと言えば別ですが。

私について迷惑系Youtuberの一種だと思う方もいるかもしれませんが、少なくとも奴らのように注目を集めたいが為に迷惑行為をするほど腐っていませんので、そのご指摘には当たりません。

今後の方針について

取り合えず少し街宣動画はお休みします。また躁的な精神状態になったら思い立ったままにやるかもしれませんが。今のところやる気はありません。

定期的にコラム動画や雑談動画は投稿したいと思っています。動画内で話す方針は今まで通りです。他にも一般的Youtuberのような趣味的動画も投稿する・・・かもしれません。

Youtubeで収益化目指すなどのビジョンはなく(収益化は出来ればしたいですが)啓蒙活動だったり個人的な趣味で動画を出しています。