カテゴリー
日記

健康的な生活をしよう

F9です。今回はネットリンチ・動物虐待反対活動とは無関係の記事です。今後も定期的に日記兼豆知識的な記事も出していく予定ですのでよろしくお願いします。

さて、題名は「健康的な生活をしよう」ですが、皆様は健康的な生活をしていますか?健康の定義は人それぞれかと思いますが、私にとって健康とは「よく寝てよく休み」「ストレスを可能な限り感じないようにし」「運動をし」「よく栄養のあるものを食べて」「体を内面から清潔に保ち」「体に悪い物は可能な限り摂取しない」事だと思っています。

まあ、社会人にとってパーフェクト健康ライフを維持するのはとても難しい話だと思います。職場では嫌でもストレスを感じますし、食生活も「夕飯は面倒だからコンビニ弁当でいいか」「自炊は面倒だから外食でいいか」という感じで乱れてしまいがちです。それが悪いと言うつもりはありません。かといって健康ライフを捨てるべきかと言えばそうではありません。たまに手抜きで外食をする程度ならいいですが、それが2日に一回、はたまた毎日となれば体にも悪く、お金も浪費する。それは賢く生きる上でデメリットにしかなりません。

そこで今回は健康的に生活する方法を書いていきます。もし不健康な生活をしている方は是非読んで実践してください。

1.野菜、果物、納豆、梅干しなど体に良いものを積極的に摂取する

これもただやみくもに摂取すればよいものではありません。目的にあった食材を選ぶべきです。例えば食物繊維不足の場合はバナナやゴボウを積極的に取る、クエン酸不足の時はリンゴを食べるなどですね。

個人的には梅干し納豆は毎日摂取すべきと考えています。梅干しにはクエン酸やリンゴ酸といった殺菌・抗菌作用のある有機酸が豊富に含まれています。疲労回復や血流の改善に貢献します。また梅干しはアルカリ性食品なので酸性の食品を多く摂取する際に一緒に摂取すると体臭の改善に繋がります。人間は腎臓や肺の働きによって酸性物質を排尿や呼吸という形で体の外に出して血液を弱アルカリ性に戻していますが、食生活によってはアルカリ性・酸性に傾いてしまう事があります。

納豆はご存じの通り、大豆性タンパク質が豊富に含まれており、動物性タンパク質を摂取しない一部の方々にとっても重要なものですね。また、大豆イソフラボンが含まれている事でも有名で、これは女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをします。骨粗しょう症の予防や体毛を薄くする、肌のハリや弾力を良くするなどの効果があります。エストロゲンはコラーゲンとヒアルロン酸を維持する事で、美肌効果を実現しています。よって似た働きをするイソフラボンを摂取することは美肌に繋がるという訳ですね。

ちなみに私はこの二つは毎日摂取しています。ご飯のおかずにもなるので、冷蔵庫に常備しています。

朝ごはんはフルーツやヨーグルトにしよう

皆さんは朝ご飯何を食べていますか?

パンですか?お菓子ですか?ご飯ですか?シリアルですか?・・・まさか肉ですか?そんなものはすぐにやめましょう。

朝こそフルーツやヨーグルトを摂取しましょう。人間は空腹時ほど栄養を吸収できると言われています。よく食後のデザートに果物を食べる人がいますが、食前に食べた方が栄養を吸収出来るので本当はNG行為です。

例えばバナナは体内の塩分を排出し、むくみを解消するカリウムが大量に含まれています。前述したように食物繊維も豊富でお腹の調子を整えお通じをスムーズにしてくれます。勿論これ以外にもビタミンやミネラルといった一日の食事に不足しがちな栄養素も摂取可能です。ブドウ糖や果糖といった様々な糖分を含んでいるので素早くエネルギーになります。

ヨーグルトは乳酸菌の働きによってカルシウムが牛乳よりも吸収されやすくなっています。この乳酸菌は腸内の働きを整えてくれ、善玉菌を増やし悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

他にもリンゴやキウイ、みかんなどもおすすめです。特にみかんはビタミンCや葉酸などのビタミン類が豊富で美肌効果が期待できます。私も冬は毎日食べてます。人間の体はビタミンCを貯蓄できず尿と共に排出してしまう欠陥仕様ですので毎日摂取するのが良いとされています。

飲み物は青汁やお茶にしよう

ジュースやコーヒー、アルコールもたまに摂取するのは良いですが、基本はお茶や青汁にしましょう。

緑茶は総コレステロールや悪玉コレステロールの低下を促す働きを持つとされ、これによって心臓病の発症リスクを低下させられます。緑茶を摂取することで、循環器系の内側を覆う内皮細胞の機能を改善し、とくに緑茶を飲んだ30分後に最大3.9%もの増加が見られたというデータもあります。内皮機能不全は、動脈が脂肪性物質によって詰まるアテローム性動脈硬化を引き起こす恐れがあります。

ただしカフェインが多量に含まれており、利尿作用もあるので寝る前に飲むのは控えた方がいいですね。夏場の水分補給飲料にも向いていません。

麦茶は汗をかいたときに不足するミネラルが豊富に含まれています。麦茶に含まれる成分「アルキルピラジン」には血流改善の働きがあります。抗酸化作用のあるポリフェノール(カテコール、ゲンチシン酸)も含まれており、脳卒中や心筋梗塞のリスクを減らします。ノンカフェインの麦茶は夏場の飲み物に最適な訳ですね。

他にも色々お茶がありますが、紹介すると長くなるのでやめておきます。余談ですが、紅茶は好きではありません。

動物性タンパク質は過剰摂取しないようにしよう

動物性タンパク質を摂取する事自体は悪ではないのです。

ただし過剰摂取すると腸内環境の悪化や内臓疲労を齎してしまいます。

食事から摂ったタンパク質のうち余った(過剰な)ものは分解されて窒素、やがてアンモニアになります。アンモニアは肝臓で尿素(無害なもの)に変換された後に尿として排出されますが、タンパク質を取りすぎるとこの肝臓や腎臓に多くの負担が掛かってしまうのです。

悪玉コレステロールの増加にもつながります。悪玉コレステロールにとって高脂質な食事は垂涎ものです。悪玉菌は硫化水素やアンモニアなどの発がん性物質を作り出してしまいます。

梅干しの所で書いたように食生活によって血液は弱アルカリ性から酸性傾向やアルカリ性傾向に変わってしまうおそれがあります。お肉やお魚は血液を酸性傾向にします。免疫力の低下や疲労の蓄積が起こりやすくなります。

体臭の悪化も問題ですね。私達人間は食べたものがそのまま体臭に出ると言われています。汗腺や皮脂腺の働きを活発にする高カロリー・高脂質な食材がズバリお肉やお魚です。多量の汗や皮脂が分泌され、それが悪臭となるのです。

サプリメントはお好みで

摂取するかどうかは好みで。私はマルチビタミンミネラルを摂取しています。

亜鉛不足ならジンクキレート、鉄分不足ならディアナチュラ ヘム鉄など、自分の不足している栄養に応じて摂取するサプリを選びましょう。

2.歯磨きだけでなく歯間ブラシや舌ブラシ、マウスウォッシュも使おう

日本人のオーラルケア意識は非常に低いと言われています。故に日本人は「口が臭い民族」と言われます。

私は歯磨きだけでなくデンタルフロスやマウスウォッシュ、舌ブラシ、これらを全部使った上で膿栓の除去なども行い、定期健診も受けていますが、多くの人は歯磨きだけで済ましているらしいので驚きますね。

※私はファッションなど外見を着飾るのには興味がないですが清潔感には相当気遣っています。

歯磨きだけでは約6割程度のプラークしか取れず、残ったプラークは固まり、歯石となります。この歯石は口臭の悪化を齎すだけでなく歯周病の原因にもなります。デンタルフロスを使ってようやく8割か9割位のプラークが除去できるそうです。

欧米などは医療費が高額なので日本人のように気軽に病院に行くという事が出来ません。そのような背景からオーラルケア意識が高まったのでしょう。欧米ではデンタルフロスを使うのは当然の事でアニメの歯磨きシーンでもデンタルフロスを使っているそうです。

舌ブラシに関しては、舌苔が口臭の原因になるという話は有名ですね。この舌苔の除去をする為に舌ブラシを行いましょう。ただしやりすぎると舌を傷つけるので気を付けましょう。

3.よく寝てよく休む

生物は起きて活動する為に寝るのではなく、寝る為に起きて活動しているという説があるくらい、睡眠は重要なものです。

当たり前ですがこれは重要です。睡眠不足は判断力不足や思考力の低下の原因となります。また夜更かしは肌荒れの原因になります。肌のターンオーバーが活発な時間帯は22:00~02:00と言われていますので、可能であれば22:00前、最低でも0:00までには寝ていたいところですね。他にも自律神経のバランスを整える為にも最低8時間は寝ましょう。交感神経と副交感神経の二つで自律神経は成り立っています。心身の健康を作る上で睡眠は非常に重要です。

寝るのとは違いますが、休む事はストレスをため込まない上で大切です。働きづめのあなたは少し休んでみませんか?

4.運動する

適度に体を動かす事は生活習慣病の予防や筋力が付く事で腰痛などの運動器疾患のトラブル改善に繋がります。

平成30年に厚生労働省が出した、「身体活動・運動を通じた健康増進のための厚生労働省の取り組み」によると毎年5万人が運動不足が原因の生活習慣病で亡くなっているという結果が出ています。

散歩をする、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使うなど少しでも有酸素運動を行うようにしましょう。無酸素運動(筋トレ、ウエイトリフティング)の後に有酸素運動を行うのがより効果的です。

5.タバコは吸わない、酒も控える

もはや当然ですね。

タバコは害しかありません。体臭や口腔環境の悪化、発がんリスクアップ、ストレスが溜まりやすくなると健康とは程遠いものです。

アルコールも極力控えましょう。アルコールは脳の萎縮の原因になると言われています。これは一日の摂取量ではなく生涯の摂取量です。つまり休肝日など無意味な訳です。そうでなくてもアルコールは肝機能の低下の原因となり体臭の原因となる物質の分解が出来ず、血液中に回り悪臭になります。

可能な限り健康に生きてみよう

正直ここに書いたことを全て守るのはとても大変です。お仕事や学校に行っていれば尚更です。

しかし、食生活を少し変えてみたり禁酒や禁煙を始めるなど出来る事はあるはずです。

今回は健康について書かせていただきました。次はお得なお金の使い方について書きたいと思います。キャッシュレス?そんなものは前提です。本当のお金の節約方法について書きますよ・・・。

個人的におすすめのサイト

https://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/roughskin/sleep.html

https://www.sixthsenselab.jp/bodeo/odor-lab/food/

https://www.club-sunstar.jp/article/column/oral/856/

よろしければ、シェアをお願いします。

作成者: F9

F9と申します。
5ちゃんねる・したらば・ふたば・Twitter・Youtube・ニコニコ・Instagramなど様々なネットコンテンツで活動をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。