カテゴリー
日記

令和納豆騒動から見るネット民(馴れ合い厨)の醜悪さ

※この記事は令和納豆さんの所業を擁護するもの、令和納豆を嫌う方々への中傷を煽動する意図で書いたものではありません。

令和納豆の無料パスポートが取り上げられたと炎上したのが、去年の5月下旬頃です。その後も度々プチ炎上していたのですが、3月18日、令和納豆で朝食を取っていたら警察を呼ばれたという投稿が話題となり、今もなお5ちゃんねるのなんでも実況J板やTwitterを中心に、ネットリンチ砲撃の渦中に晒されています。

令和納豆で食事をしていたら警察を呼ばれたと言うツイートが話題に、炎上へ

経緯は「Miyuuというユーザが令和納豆に来店し、食事の写真を撮っていたら、ネットで令和納豆を中傷しているユーザと疑われて警察を呼ばれた」というものです。このユーザ自体が令和納豆に対して何かをした訳ではありませんし、これだけ聞けば令和納豆が過剰な防衛反応を取っているようにしか見えません。

しかし、実際のところ令和納豆がここまでネット民に目を光らせて警戒しているのは、ネットリンチを楽しむ一部の住民層(馴れ合い厨)のせいです。令和納豆に対して縁も所縁もなければ恨みもない部外者が他人と一体感を得たいが為に令和納豆を攻撃しています。

無料パスポートを取り上げられた被害者が令和納豆に対して不満を吐くのであれば事情は別です。部外者であっても令和納豆の問題行動について批判するのであればこれも分かります。ただ、部外者が令和納豆に対して中傷をするのは論外です。批判と中傷は違います。行き過ぎた批判は炎上ではなくネットリンチ(イジメ)と同義とみなされます。

令和納豆を狂わせたのはネット民

炎上 画像

冒頭で書いたように私は令和納豆さんの所業を肯定するつもりもありません。馴れ合い厨の横暴を批判するのは別問題です。

令和納豆は過剰なまでの誹謗中傷・名誉毀損投稿を受け続け、その結果売上は暴落、店の顔は泥まみれであり、ブランドもへったくれもありません。自業自得と言う方もいますが、もう十分罰は受けたはずです。死体殴りは罪を償わせる事には繋がりません。オーバーキルと言うべきネットリンチを受け続け、社員や社長が精神を病まない保証があるのでしょうか?疑心暗鬼を抱いてもおかしくありません。自分の店にネットリンチ目的で来る者も中にはいるでしょうし、警戒するのも令和納豆視点で見れば当然と言えます。極端な話、「納豆って不味いよな」という投稿すら、自分達に対するアンチ書き込みに見えてもおかしくありません。これまでの流れから、それくらい精神的に追い込まれている可能性も示唆できます。

ネットリンチはロミオとジュリエット効果と共通した心理があります。SNSや掲示板では共通のターゲットを見つける事でお互い馴れ合って傷を舐めあうという大変醜い姿が散見されます。要は馴れ合い厨にとってはターゲットへの興味関心はなく、それを利用して馴れ合う事こそが最終目的なのです。故に馴れ合い厨の要求を聞いたところでネットリンチは収まりませんし、逆効果とすら言えます。

例えばネットで「令和納豆はこれまでの所業を謝罪しろ」と書き込まれたとしましょう。令和納豆はこれに従って謝罪をしました。これでネットリンチが収まるかと言えば収まりません。謝罪しろと書いた本人は十中八九「謝罪してて草」「謝罪だけで許されると思ってんのか」などと嘲笑し、中には「謝罪だけじゃなくて金も払え」というように後付け要求をする者も出てくるかもしれません。

令和納豆騒動についての意見・感想

意見・感想ですが、ヒロシの時事ニュースチャンネルというYoutuberが個人的に気持ちが悪いと感じました。

ヒロシ氏の動画を全て見た訳ではありませんし、ヒロシ氏の人格を否定しようとも思いませんが、彼は令和納豆を利用して金稼ぎをしているように見えます。私は嫌儲思想は持っていませんし、それ自体は否定しませんが、動画の内容が令和納豆に対して中傷を仕向けるような内容であったのかなと。オケラというなんJのコテハンを釣り餌に令和納豆への攻撃を加速させたり、自身が令和納豆に赴き、令和納豆の様子をネットに投稿したり・・・。私はそれらの行動に疑問符が付きましたね。

もう一度書きますが、ヒロシ氏自体を否定するつもりはありません。ただ令和納豆関連については気持ち悪さを感じたというのが率直な感想ですね。

結論 令和納豆に対するネットリンチはやめてください

令和納豆の無料パスポート取り上げの件などは問題視されても致し方ない部分がありますし、そこを批判するのは問題ないでしょう。某上級国民のプリウス暴走事故に関しても被告に過失致死傷罪を適用しろ、遺族に相応の賠償金払えと訴えるのは批判と言えるでしょう。

ただ人格否定や中傷はもはや批判ではありません。感情論まみれの罵詈雑言で罵り合う事をディベートと言わないように、ロジカルシンキングな指摘でないと批判にはならないのです。先程例に出した上級国民の件についても「厳罰化しろ」「死刑にしろ」というのは批判でもなんでもありません。日本は法治国家ですので感情だけで厳罰化したり死刑に処すなど出来ません。それが理解出来てて主張するならまだしも中には本気でそう思って発言する方もいるようですので。

令和納豆についても「不味い」というレビューを連投して、後続の客に先入観を抱かせるのはもはや営業妨害の域です。本当にそう思って書いたものは含みません。ただネットリンチしたいという一心で令和納豆を食べてもいないのに「不味い」と書き込むのはただの嫌がらせですよね?これが”批判”と言えますか?

皆様が令和納豆について抱く感情は様々でしょうが、一つ言えるのは「何があってもネットリンチは認められない」という事です。ネットリンチは批判でも指摘でもなく、中傷と毀損と嫌がらせです。相手が被害届を出せば普通に捕まる犯罪です。

ここまで読んでくださった事にお礼申し上げます。ありがとうございました。

関連サイト

https://w.atwiki.jp/reiwanatto_flaming/

カテゴリー
日記

自称無宗教の日本人と宗教染みた気持ち悪い社会

無宗教を自称する日本人は非常に多いですね。

しかし実際のところ本当に無宗教なのでしょうか?

私達の考える宗教はキリスト教やイスラム教などでしょう。日本ではこれらは盛んではないので、無宗教だと勘違いしてしまう方も多いです。

日本人は仏教や儒教の教えが社会全体で根付いておりますので、実際のところ無宗教ではありません。

日本は仏教と儒教の教えが広まっている

仏教

仏教 イメージ

例えば人が死んだら葬式をしたり墓を立てたりしますが、別に法的に問題がなければ墓や葬式は不要です。死体遺棄に問われないのならば地面に埋めたところで何ら問題はないのです。

人が死んだからと言って葬式をする必要がなければ、金を掛けて坊主を呼び、長いお経を聞く必要もありません。墓石も必要ないし墓参りもしなくていい。ですが日本人は「常識」という魔法のワードでこれらの行為を恰も大切なことであるかのように主張します。本来は常識ではなく、仏教の教えなのです。ただそれが文化レベルで広がったというだけの話です。

私は人が死んでも墓も立てないし、葬式もしないし、坊主も呼ばないし、墓参りも行きません。罰当たりだという人もいるかもしれませんが、私も同じような扱いを受けても構いません。仏教の教えを信じている人間、即ち仏教徒のみがやれば良い事であって、日本人全体が従うルールではないと考えます。これを人でなし、非常識と非難する人間は豚肉を食べていますか?もし食べているのならばイスラム教の教えに反しています。しかしあなたは罪悪感も感じていない。何故ならイスラム教徒ではないから。私は仏教徒でないので罪悪感を感じない。それだけですよ。

人は死んだら生き返らないし魂も存在しないし仮に存在しても死んでみないと分かりません。葬式開いても金の無駄です。墓参りして食べ物をお供えするのは食料ロスです。アフリカの子供云々言う奴はまずこういう身近な食料ロスに目を向けて欲しいです。墓石や坊主なぞ詐欺師やぼったくりです。

木や石に魂が宿っているとか、地蔵様やお守りに価値を見出したり、神社にお参りしたり、初詣を行うのも仏教の文化です。地蔵はただの石ころでお守りはただのストラップです。これを「神の力が込められている」と言い張って売る奴は詐欺罪に問われても良いと思うのですが・・・まあ置いておきましょう。初詣なんて完全にキリスト教徒やイスラム教徒が礼拝をするのと一緒でしょう?神の存在を信じて神の力に肖ろうとする。これが宗教でなかったら何なのか。

私達の生活には仏教が密接に絡んでいます。国教といっても良いでしょう。かくいう私も知らない間に仏教の教えに従っているかもしれませんね。

儒教

儒教 イメージ

「仁・義・礼・智・信」からなる「五常」の徳目を守ることで、「五倫」と呼ばれる「父子・君臣・夫婦・長幼・朋友」の関係を維持するよう努めなければならないという内容です。

東アジアにおける倫理観の基本となっている考え方であり、日本だけでなく韓国や中国にも共通しています。

「仁」は、人を愛し、思いやることをいいます。孔子は「五常」のなかでも最高の徳目としていました。

「義」は、利や欲にとらわれず、世のため人のために行動することをいいます。上杉謙信が「義の武将」と呼ばれていることも有名です。

「礼」は、謙遜し、相手に敬意を払って接することをいいます。「仁」を具体的な行動にしたものです。

「智」は、偏らずに幅広い知識や知恵を得て、道理をわきまえることで、善悪を判断することをいいます。

「信」は、人を欺かず、また人からは信頼してもらえるように常に約束を守り、嘘をつかず、誠実であることをいいます。

これらを見ただけでは何も問題がないように見えますね。薄っぺらい綺麗事?ジャップランドではよくあること。

しかし、儒教の特徴として「上下の秩序(上下関係)を重んじる」という考え方があります。

日本の年功序列的な考え方が蔓延っているのも儒教が影響していると思われます。学校では下級生が上級生に理不尽な要求をされ、社会では部下が上司から理不尽な要求をされ、毎日苦しみ続けて自殺する者も大量にいます。

上は下に対して傲慢な態度を取り、さらに上には媚を売る。日本社会でよく見られる現象ですね。孔子は素晴らしい教えを説き、本人は高潔な存在となりましたが、誰しもが孔子のような考え方にはなれなかったのです。

他にも同族を重んじる考え方がある儒教では身内が殺されたら復讐するのが当然とされていました。昔はとある家族3人を標的にする際、うち一人を殺しただけでは復讐されるので、一気に3人まとめて殺していたそうです。不良漫画や少年ジャンプでは仲間がやられたら復讐するという描写が良くありますが、それも儒教の影響なのでしょうね。

また、儒教では親を敬う事を奨励していますが、毒親育ちだったり親から捨てられた子供にとっては賛同できないでしょう。

仏教と儒教の教えがハイブリッドした日本社会のカルト宗教「常識」

常識というのは宗教です。

社会では「8時間労働はホワイト、そんなの常識だろ」とでも言わんばかりに残業まみれのクソ企業だらけですが、おかしいですよね。8時間労働というのは労基を守っている結果であり、法律を守るという至極当然のことをしているだけです。

ヨーロッパや欧米では残業は基本的にない、あっても日本ほど多いものではありません。残業が当たり前になっているのが常識となっているのが異常なのであり、この惨状を普通の事だと考えている日本人はマインドコントロールされたロボット状態であり、ある種のカルト宗教にはまっていると言えます。

学校では部活動をやるのが常識とされ、上下関係を守るのも常識、基地外みたいな先輩も年上なので敬うのが常識、ヒステリック女教師も年上なので敬うのが常識。これが異常だと感じるのは異常らしいですよ。

日本人は常識という名の宗教に従って生きており、常識の教えに反した異端者は、異宗教者として扱われ迫害されます。

いずれは中世ヨーロッパのように魔女狩りが社会不適合者という常識に加われなかった異宗教者やカトリック(常識、保守派、右翼)に敵対するプロテスタント(リベラル、左翼)に対して行われるようになるでしょう。

それに対抗する為にも、常識という教えに全てを委ねず自分の頭で物事を考えていきましょう。

おまけ 本物のカルト宗教

創価学会、統一教会、幸福の科学、エホバの証人、顕正会といったカルト宗教も日本には沢山あります。

ただカルトに縋る人間がいるのも、常識という名の宗教の圧力に耐えられなかったということでしょう。

何かに頼らないと生きていけない弱者の受け皿となっているのがカルト宗教なのかもしれません。

私は絶対に入信しませんが。

関連リンク

https://www.nippon.com/ja/column/g00072/

https://plaza.rakuten.co.jp/syokujikyouiku/diary/201011230010/

カテゴリー
コラム

【2021年版】色々なVPNについて評価していく

2022年7月追記 この記事の内容は古いです、またガチの匿名化として使えるものではなく無料VPNを中心に紹介しております。ガチで匿名化をしたい場合は有料VPN(MullvadやAirVPNやPIAVPNなど)を使ってください。

VPN(バーチャルプライベートネットワーク)はネットユーザーにとってとても馴染み深いものだと思います。

例えばYoutubeで日本から見れない動画をVPNを通して閲覧したり、IPアドレスで規制された場合にVPNを使って回避したり・・・と色々な使い道があります。非常に強力なインターネット検閲システム「グレイトファイアウォール(金盾)」で有名な中国では必需品とも言えます。

Torやプロキシなども似たようなものですが、TorはTorブラウザ内でのみその匿名性を発揮します。プロキシは一部の通信の暗号化及びユーザーと訪問先を仲介しての匿名性を提供するものです。その点VPNはネットワーク全体の接続が暗号化されます。もっともTorの場合は全接続をTor Hidden serviceというTorサーキット上で行う事が可能なWhonixTailsといったLinuxディストリビューションやモデムに接続するだけでTor経由で接続をすることが可能なルーターであるanonaboxもあります。この場合、Tor経由でアクセスすることのできないサイトはウェブプロキシ(日本サーバーのもの)を使って接続することになります。当然ですが、これらは匿名性の保証された適切なVPNと共に用いれば非常に強力な匿名性を発揮することが可能です。

この記事では様々なVPNサービスについて取り上げていき、個人的な評価をつけていきたいと思います。ポートフォワーディングなどの機能を提供しているかどうかはVPNサービスによります。

ちなみにVPNを通してネットに接続することによって、ISPや国セコの監視を免れるといった場合によっては悪用出来る使い方もあります。が、ここではそういった悪用を前提とした使い方は書きません。

その1 VPNgate(無料)

VPNgate image

SoftEther VPN(ソフトイーサ・ブイピーエヌ)とも言います。恐らく最も一般的なVPNサービスだと思います。筑波大学の研究プロジェクトで開発されているので、筑波VPNとも言います。

速度の方も問題はなく、難しい設定などもないので一般人が使う分には十分すぎると言えるでしょう。

ただし、VPNgateのサーバーを踏み台にして犯罪行為に手を染めたユーザーがいた場合はログを警察に提示します。きちんとログを取っているという点を見ると匿名性は非常に低いです。

過去になんJ鉄壁4点セットと呼ばれる匿名性を保持する為の組み合わせでは、このVPNが用いられていましたが、とてもじゃないですがおすすめはできません。

ただIPアドレスを気軽に変えたり海外IPから接続したいという方にはうってつけでしょう。

https://www.vpngate.net/ja/

その2 ProtonVPN(有料版あり)

protonvpn image

スイスで2017年から運営されているVPNサービスです。

速度の方は個人的には微妙な気がします。どのサーバーを選ぶかによって変わるので一概には言えませんが。

また、無料版だと3か国のサーバーしか使えません。

ログを保持しないと言われていましたが、実際のところどうなのかは不明です。

有料版

  • 基本プラン 4  /月(P2P/BitTorrentのサポート、広告ブロック)
  • bestプラン 8  /月(セキュアコアVPN、VPN経由のTor、ブロックされたコンテンツへのアクセス可)
  • ビジョナリープラン 24  /月(オールプラン機能、10個のVPN接続、protonmailビジョナリーアカウント)

https://protonvpn.com/

その3 ExpressVPN(有料)

ExpressVPN image

非常に有用なVPNサービスです。

速度・匿名性・利用できるサーバーの多さなど、どれも優秀です。DNS漏れなどの心配もありません。ログを記録していない事が証明されているVPNでもあります。

欠点は有料限定であることですね。1年間で1万円程度ですが、それを差し引いても契約する価値があると言えます。

支払いはビットコイン等の仮想通貨やクレジットカードで可能です

https://www.expressvpn.com/jp

その4 NordVPN(有料)

NordVPN image

ノーログVPNの一つと言われています。私は使った事がないので使い勝手についてはよくわかりません。

マルウェアブロック、スプリットトンネリング機能、キルスイッチ機能、DNSリークテスト機能などが付いています。

キルスイッチ機能とはVPNが途切れた際に、インターネット接続自体を途切れさせる機能です。これにより生IPでのインターネット通信を防ぐことが可能になっています。

料金はExpressVPNも安いです。月1000円程度、1年で9000円程度です。

https://nordvpn.com/ja/

その5 HolaVPN(無料)

holaVPN image

無料VPNですが、ユーザーの情報を横流ししているという話で有名なVPNサービスです。

ピアツーピア(P2P)接続方式が取られている為、他のユーザーと同じ帯域幅を共有しなければなりません。IPアドレスを共有しなければならない以上、他人が悪用目的で使っていた場合、自分のIPアドレスにその活動が記録される訳です。

また、2018年7月に仮想通貨ウォレットのサービス、MyEtherWallet(MEW)はHolaを使ってMEWにアクセスしたユーザーは悪質な攻撃の対象になるリスクがあると発表しました。5時間ほどハッキングされ、その時にHolaを使ってMEWにアクセスした人は皆、仮想通貨を盗難される危険に晒されました。

あまり使うのはおすすめ出来ないVPNです。

https://hola.org/

その6 Tunnelbear(有料版あり)

Tunnelbear image

無料版だと500MBしか使う事が出来ません。ただし、接続できるサーバーに制限が出るなどはありません。

有料版だと通信料の制限がなくなります。費用は月1150円、年間6600円です。

AES 256-bitの暗号化で通信が守られ、オンライントラッキングをブロックし、IP、DNS漏れを防いでハッカーや広告主からの情報盗難を防ぎます。

普通に使う分にはセキュリティ的にも速度的にも悪くないと思います。

https://www.tunnelbear.com/

その7 Hide me VPN(無料)

hide.meVPN image

https://hide.me/ja/free-vpn

無料VPNです。

速度は特に問題がなかった印象ですが、日本サーバーがない事と広告が多かったのが欠点です。

また例によって無料であることから匿名性には期待できないので留意しておきましょう。

その8 Hotspot Shield(有料版あり)

Hotspot Shield image

無料版だと500MB/日の通信のみで、ストリーミングすることが出来ません。

DNS漏れなどの致命的な問題はありませんが、ログを保管していない訳ではないので、悪用はしないようにしましょう。

有料版($ 7.99 /月、$ 11.99 /月)

https://www.gethotspotshield.com/

その9  Windscribe(有料版あり)

Windscribe image

無料版だと10GB/月しか接続できず、接続できるサーバーにも制限があります。

ポートフォワーディングとスプリットトンネリング機能も付いており、ポートフォワーディングシステムによって通信を別のポートへ自動的に転送することで不正な通信をネットワークに入れないようにしたり、スプリットトンネリング機能によってVPNを介した接続と介さない接続を効率よく使い分ける事も可能です。

使った感じ速度的にも悪くなかったと思います。

有料版($ 9.00/月、$ 4.08/月×12=年間プラン)

https://windscribe.com/

他にも山ほどVPNサービスがありますが、有名なものをいくつか紹介しました。私もネット上での活動を通して、腐る程たくさんのVPNサービス(特に無料のもの)に手を付けてきましたが、やはり無料のものは匿名性や安全性には難があると言わざるを得ませんね。

匿名性を考えるのならば、ExpressVPNやnordVPN辺りがおすすめです。ただ、匿名性に拘りないのであれば筑波VPN辺りでも問題はないと思います。

犯罪幇助をするつもりではないですが、基本的にログ保管をしていなかったり、匿名性が高いVPNは犯罪に使われやすい傾向があります。

どういった用途でVPNを欲すかにもよりますので、己の用途に合ったVPNサービスを利用するのが一番でしょう。